Skip to Content

経営コンサルタントに適した資格とは?

Written on 3月 6, 2014, by

経営コンサルタントになるために何らかの公的資格を取得したいと考える人は多いと思います。とりわけ、「中小企業診断士」や、中小企業診断士より10年ほど前に誕生した「経営士」の資格が有利と思われているようです。確かに中小企業診断士は官公庁の仕事をするには適していると言えますが、資格は一度取得したら永久に維持できると勘違いされている人も多いようです。実は、中小企業診断士の資格を維持するためには、一定期間内に実務研修を受講するか、自分で企業を探して経営コンサルティング業務を実践する必要があるのです。学習能力の高い今のうちに資格だけ取得しておいて、定年後に経営コンサルティングをしようと考えている人は今一度、資格制度を理解しなおす必要があると思います。これは経営士を取得しようと考えている人にも同じことが言えます。資格があれば仕事が得られるという安易な考えも問題ですが、資格の維持が目的になってしまうのも本末転倒ですので、それよりも自分のビジネス経験を磨きあげることを大切にするほうが良いと思います。

http://womantype.jp/mag/archives/1481

 

人事担当者は必読!新人研修プログラムの欠陥

Written on 2月 4, 2014, by

昨今、"社畜"という言葉を良く聞くようになりました。ネット業界で有名な小玉歩氏の著書"仮面社畜のすすめ"も記憶に新しいと思います。社畜とは、自分の意思を持たない従順なだけの会社の奴隷を指す造語ですが、企業の人事担当者はそもそもこのような不名誉な言葉が生じる原因が人材アセスメントのあり方にあることを真摯に受け止めなければならないのではないでしょうか。

私も例外ではありませんが、新人研修プログラムの実態は通り一遍のマナー講座や新聞の朗読といったどこにでもあるようなものでした。これでは義務教育がビジネスを教えず勤勉な労働者になることを推奨しているのと同じで、社畜育成社会を助長していると言わざるを得ません。

人事担当者には経営コンサルティングを受けていただいたいと思います。例えばみずほ総研の経営コンサルタントが提唱するセルフブランディング研修では、一労働者としてではなく一個人としてビジネスマンであることの自覚を育てる効果が期待できます。新人には「教わる」ではなく「学びとる」姿勢を教育していただくことを願ってやみません。

人材育成の面では、リブコンサルティングが有名です。

http://togetter.com/li/587407

逆seoと誹謗中傷対策

Written on 1月 11, 2014, by

ネット上で、個人や会社を誹謗中傷するケースが増えてきている。理由は、ネットによる攻撃の匿名性にあるであろう。人間は徹底的に攻撃するという習性があり、一旦、ミスの発言をしてしまうと、一斉に攻撃が始まってしまう。

一旦ネットに情報がながれてしまうと、さらに、攻撃が強まる傾向もあるため、適切な対応が必要だ。その中で重要になってくるのがネット対策となる。

逆SEO対策と呼ばれる手法は、誹謗中傷サイトに、良質なサイトをぶつけて、検索順位を落とす手法だ。

しかし、様々な手法があるために、どういう手法をもちいているのか確認が必要だといえるだろう。そのなか、長年そういったサービスを展開している老舗サービス会社がある。こちらを参考にしてみるのがよいだろう。

www.smart-glass.jp

転職支援サイトとITの現状

Written on 1月 9, 2014, by

http://www.fc-trading.co.jp

昨今、日本人にとってIT企業という存在は非常に身近なものとなっています。インターネットユーザーが急増している日本国内ではIT企業のお世話になっている人が大勢いるとされています。IT業界においては長らく人材が不足している状況となっており、資金力を十分に持っている企業は転職支援サイトなどで求人募集を積極的に行っています。ここ最近では人材派遣会社と呼ばれる存在に注目が集まっており、特定紹介予定派遣などの雇用形態で働きたい人にとってはこのような人材派遣会社に登録を行うことが良いとされています。IT業界は今後もさらに成長を続けてゆくことが見込まれているために、今のうちからしっかりとスキルを身につけたいと希望している人が増加しています。転職支援サイトを利用することによって、優良なIT企業からオファーを貰うことができたり、もしもめぼしい求人を発見したときには積極的に企業に問い合わせを行うことができます。

www.fc-trading.co.jp

コンサルティングの仕事は、多くの方と出会えます。

Written on 1月 5, 2014, by

経営コンサルタントとは、企業などの経営についてコンサルティングを行う職種になります。通常は、経営者や顧客である企業からの依頼により、経営上の問題を解決するための提案や支援を行います。個人や企業で行う場合があり、どちらもコンサルタントとしての実績を重視される傾向があります。私は前職になりますが、医療業界にて医療機関や企業を対象にコンサルティングを担当していました。特に大変だったのは、相手側の問題点を認識させ、納得させることです。その為には、従業員へのヒアリングや業務量のチェックなど参考にする情報が多岐に渡りました。分析する力が試され、具体的な数値目標の提示が求められました。また、プレゼンテーション能力も必要でした。仕事量はもちろん、多角的物事を考える必要があり、ストレスが多い職種になります。しかし、社長や部長といった役職にある方と会う機会が多いので、社会的な勉強や人脈作りに役立てることができます。

リブコンサルティングは、人脈を生かした紹介営業で知られたコンサルティング会社である。